高級時計はステータスにお金を払ってる!?

高級時計は、「そのブランドの高級時計を持っている」というステータスにお金を払っているのだと私は思っています。だって、腕時計は夏祭りの屋台でも千円以下で買えるわけじゃないですか。なんだったら今ならば、雑誌の付録にも時計がついてくる時代ですよ。「腕時計」というもの自体は、それほど高価なものではなくなっているのです。

それに今では、リサイクルショップでも高級時計を取り扱っている時代ですからね。腕時計が欲しいのならば、安物だろうと、そしてまた高級時計の中古品だろうと、購入することは以前よりは簡単にできるのです。

しかし「高級時計を買う」となると、やはり「新品」で、そして「ハイブランド」にこだわる人が多いわけじゃないですか。それって、ある意味ではステータスの誇示的意味合いも含まれていると思うのです。そしてだからこそ、タグ・ホイヤーと言った高級時計を新品で購入する場合、その大半は「ステータスにお金を払っている」と意味合いにもなるのでしょう。というような考えで、私にしても高級時計の高額さ加減を割り切ろうと思ったりもしています。